多くの場合、クレカの上限額がユーザーが日常決済する以上にゆるく設定されていると顧客は余裕があると誤解し、考えずにクレジットカードで決済してしまったりするようですね。こういったクレジットカード使用の危険を抑制するように上限を前もって少なめに申し込んでおこう・・・というのがこれから記す文のメインとなる考え方です。月の利用限度額の引き下げ方■クレカの利用限度額を減らすことは月の限度額を多めに設定する方法とともに、本当にスムーズです。お手元のカードの後ろにある電話番号に電話をかけて、「月ごとの限度額をもっと低くしたいんですが・・・」ということをセンターの人に言うだけです。一般的には現時点での月の利用限度額に比べて低ければ査定なしで電話一本で申請が終わります。月の利用限度額を減らすのは危険を避けることにも結びつく▲クレカの月ごとの限度額を引き下げておくことは、自己抑制という良いことはもちろん被害に遭わないようにすることにもつながります。仮に、使っているクレジットカードが悪意のある人物に偽造された場合でも前もって契約カードの月ごとの限度額を低く押さえているならリスクをなるべく避けることも可能だからなのです。ここで言っておきたいのは、もし仮にクレカが乱用されたことがあった問題が発生しても使用者に重大な違反にあたることがない限り、盗難保険等で呼ばれる保険がサポートしてくれることになるから不安になることはないけれどもし被害に遭った時のことを想定して普段必要ないような限度額は低くしておくと効果があるでしょう。必要以上の金額は良くないことと言えます。