民事再生という手段は住宅ローンもある多重の債務に困っている人々を対象として、住居を手放すことなく金銭面で再生するための公の機関を通した債務を整理する処理方法として適用された解決方法です。民事再生制度には、自己破産制度のように免責不許可事由はありませんので、投機などで債務がふくらんだような場合でもこの方法は可能ですし、破産申告をすれば業務ができなくなる可能性がある業種で給与を得ている場合などでも手続きが検討できます。破産宣告では、住んでいる家を残しておくことはできませんし、特定調停等では、借金した元金は返済していく必要がありますので住宅のローンも払いつつ返済をしていくことは現実として簡単ではないでしょう。ですが、民事再生を取れれば住宅のローン以外での借入は相当なお金を減らすことが可能なためある程度余裕に住宅のためのローンを払いながらそのほかの負債を返済していくことも可能といえます。ただし、民事再生による解決は任意整理による手続きまたは特定調停などとは異なりある部分のみの借り入れだけを除外して処理を行うことは無理ですし破産申告に適用されるように負債そのものが帳消しになるのではありません。また、そのほかの債務整理と比べるとある程度複雑で手間が必要ですので、住宅ローンなどを組んでいて住宅を手放せないような場合等を除いて、自己破産などその他の方法がない時だけの最終的な解決方法としておいた方がいいでしょう。